眼科でのコンタクトレンズ購入について

眼科でのコンタクトレンズ購入について

視力が落ちた場合は、眼鏡かコンタクトレンズで視力を矯正する必要があります。このように眼鏡やコンタクトレンズを利用する場合は、まず眼科で検査を受けてから着用することになります。

 

その際には視力検査やドライアイの検査が行われますので、通販でコンタクトレンズの購入を考えている人もまずは眼科で検査を受けるようにしましょう。

 

中には、通販で購入する場合検査は不必要だと考える方もいますが、それでは本当に自分の目に合ったコンタクトレンズを選ぶことは出来ませんよね。

 

ですからまずは、眼科でしっかりと検査を受けておくことが大切なのです。こういった検査の中には「BC」の検査も含まれます。

 

BC検査とは眼球のカーブ具合を測定するものですが、カーブ具合は人それぞれ違いますのでコンタクトレンズを利用する際には必要不可欠な検査だといえます。検査の流れとしては、問診票の記入からはじまり次に専用の機械を使った検査へと入っていきます。

 

主な検査内容としては、視力検査、ドライアイ検査、フィッテイング検査、BC検査などが挙げられます。このような検査をしっかりと受けてはじめて、コンタクトレンズを装着することが出来るのです。

 

そして、二回目以降は通販などで安く購入するようにすると良いでしょう。ただし、コンタクトレンズの利用をはじめてから数カ月間は、眼科に通いながらコンタクトレンズのフィット感を確認しつつ利用するのが理想だといえます。

 

そしてその後慣れてきてから、通販サイトなどを利用して自分に合ったコンタクトレンズの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

コンタクトレンズの激安通販ランキング BEST3