コンタクトレンズの説明でよく見かける含水率ってなに?

コンタクトレンズの含水率とは

定期的に通販でコンタクトレンズを購入していても、「含水率」について注目している方はあまりいらっしゃらないでしょう。この含水率というのは、レンズに含まれる水分量の割合を指しています。

 

このようにレンズに水分が含まれるよう設計されているのは、瞳が常に呼吸していることと密接な関係があります。コンタクトレンズを装着している状態では、どうしても酸素の供給量が少なくなってしまいます。

 

 

そうなると瞳が正常に呼吸出来なくなり、角膜に悪影響を及ぼしてしまうなどの目のトラブルにつながるのです。そのため、コンタクトレンズは水分が含まれるように作られ、瞳はレンズの水分に含まれる酸素を取り入れることで呼吸が可能となるわけです。

 

ですから、含水率が高いコンタクトレンズを使用することで、それだけ酸素を取り入れやすい環境を作ることが出来るのです。

 

このように、含水率の高いレンズには多くの水分が含まれるわけですが、レンズに水分が多く含まれるからといって瞳が潤うわけではありません。逆に瞳の水分がレンズに吸収されるため、瞳の水分は減少することになるのです。

 

こういった仕組みをしっかり理解しておくことは非常に大切ですから、通販でコンタクトレンズを購入する際は含水率の高さも考えて選択しましょう

 

また、通販でコンタクトレンズを購入する際にドライアイといった症状がある方は、含水率の高さに注意して購入することが大切です。

 

特に使い捨てタイプのコンタクトレンズは、比較的含水率が高いといった特徴がありますので覚えておきましょう。

コンタクトレンズの激安通販ランキング BEST3