個人輸入でのコンタクトレンズ購入について

個人輸入でのコンタクトレンズ購入について

コンタクトレンズの購入方法としては、通販の場合「個人輸入」といった形になるケースも多々あります。この個人輸入というのは、海外から個人で輸入することを指しますが、自分では気づかないうちに個人輸入で購入している場合も多いのです。

 

それはどういったことかといいますと、通常コンタクトレンズを通販で購入する場合にはインターネットの通販サイトから購入しますよね。ですが、その際に利用するサイトは「個人輸入代行サイト」である可能性が高いのです。

 

こういった個人輸入代行サイトを通してコンタクトレンズを購入する場合は、個人輸入という形式になることを覚えておきましょう。別にそれがダメということはありませんのでご安心を。

 

では、コンタクトレンズの通販サイトが個人輸入代行サイトかどうかの見極めは、どのようにすれば良いのでしょうか。

 

まず、こういったサイトの特徴としては「消費税が発生しない」ということです。また、一度に購入出来るのが「両目で二カ月分まで」と決まっていますので、こういった点でも個人輸入かどうかを判断出来るでしょう。

 

もちろん個人輸入という形を取らないならば、購入制限などはありません。

 

このような個人輸入代行サイトは、サイトの内容からサポートに至るまで全て日本語対応になっているところがほとんどです。

 

ですから、通常のインターネットショッピングと同じ感覚でコンタクトレンズを通販購入することが出来ます。ただし個人輸入の場合では、まれに通関時に消費税がかかる場合がありますので、そういった場合は注文者自身が課税分を支払うことになります。

コンタクトレンズの激安通販ランキング BEST3